今後の予定

profile1


最新情報、詳細はFacebook,Twitter,チラシ等にてご確認ください。



2019年1月20日(日)14:00開演/上野・東京芸術大学音楽学部第一ホール
何を聴いているのか教えて!vol.2
入場無料・予約不要
演奏予定
八村義夫:ドルチシマ・ミア・ヴィタ(1981)
ほか、近年會田さんが初演した作品を何曲か演奏予定
音楽を聴くって一体なんだろう?
ふと疑問に思って調べてみても、音楽再生メディアやコンサート会場などに関する話ばかりが出てきて、
聴くことそのものに関して書かれたものは音楽の哲学の難解な研究書ばかり。もっと聴くことを気軽に話題にできないだろうか…。
そんな思いから、様々な立場で音楽に関わっている方から、ご自身にとっての
「聴くこと」についてお話していただくシリーズを企画してみることにしました。
第二回のゲストは打楽器奏者の會田瑞樹さんです。これまで8年ほどのキャリアの中で150以上の作品の初演を手がけてきた會田さん。
まだ誰も聴いたことのない譜面を実際の音にすること、そして、音高以外の要素が複雑に絡みあう打楽器音楽における聴くこと、
という二つの側面から聴くことに迫ります。
助成/武藤舞音楽環境創造教育研究助成金


2019年2月10日(日)水野修孝:マリンバ協奏曲再演

2019年3月27日(水)19時開演・杉並公会堂小ホール
會田瑞樹×APSARAS

レコード芸術準特選盤選出、會田瑞樹サードアルバム「五線紙上の恋人」全国で発売中!

2017年6月7日會田瑞樹セカンドアルバム「ヴィブラフォンのあるところ」発売
レコード芸術(2017年7月号)特選盤。平成29年度文化庁芸術祭参加ディスク。
全曲ヴィブラフォン独奏作品、會田瑞樹委嘱作品によるヴィブラフォン音楽の新たな地平。
薮田翔一、ジェズアルド(白藤淳一編曲)、渡辺俊哉、横島浩、湯浅譲二、川上統、福井とも子、木下正道、権代敦彦、マランマレ作品を収録。

日本現代音楽協会機関誌「New Composers vol.13」誌上に
「わが愛憎の作曲家たち」と題してエッセイを寄稿。お問い合わせはこちらへ。



2014年11月7日、會田瑞樹初のソロアルバム「with...」発売
2014.11.10 朝日新聞夕刊 for your collection推薦盤
音楽の友12月号、ぶらあぼ12月号、Mostly Classic1月号、stereo sound2015冬号...その他各紙にレビュー掲載中。好評を頂いております。


せたがやアーツプレス6号において會田瑞樹のインタビュー掲載中!



戻る